40代看護師が未経験で透析看護に挑戦するのは危険!?

40代看護師が未経験から透析看護に挑戦するのは危険!?

 

40代の看護師さんを中心に透析看護はとても人気があります。

 

40代で透析看護を志す方も多いのですが、その理由は

  • 日曜日が固定で休むことができるから
  • 決まった時間に定時で上がれるから
  • 日勤だけの仕事で働きたいから
  • 日勤だけでも給与がそれなりに出るから
  • 時給がいいから

といった理由が中心です。

 

40代看護師,透析

 

もちろん、以前から透析看護には興味があったという方もいるのですが、
どちらかというと優先させたい条件で選ぶ方が多いですね。

 

40代からでも未経験で透析看護ってできるの?

 

40代の看護師さんで透析へ転職する方のほとんどが未経験からのスタートです。

 

中には、50代からでも透析看護を志す方もいるくらいですから、
40代ならまだまだお若いですよ。

 

未経験で始めても2、3カ月もすればある程度の技術も身に付けることができ、
慣れていくことができています。

 

どちらかというと、
ルーティンワークが苦手というような方には合わないので、
同じような仕事の繰り返しでも
その方が自分には続けていきやすいという方の方がいいかもしれませんね。

 

最初は専門的で機械の扱い方などを覚えたりと
苦労することもあるかもしれませんが、
やる気があって学ぶ意欲のある方ほどすぐに仕事に馴染んでいかれていきます。

 

透析看護の仕事は意外に楽

 

人工透析が必要とされている患者さんのために、
腎臓機能の程度によって透析を受けて頂くようになります。

 

看護師の仕事は、
基本的には透析前にバイタルを測って、
腕に穿刺をして透析の機械操作をすることです。

 

あとは機械が透析をしてくれ、
透析中の患者さんとコミュニケーションをとりつつも、
具合が悪くなっていないか異常がないかの観察となります。

 

終われば患者さんのQOLのための指導をしたり、
後片付けなどをして申し送って終わりです。

 

透析の患者さんはやっぱりわがまま?

 

患者さんは、週に3回ほど通ってこられる方ばかりなので、
ほとんどが顔見知りとなるでしょう。

 

中にはわがままな患者さんもいるので
慣れているがゆえに看護師を困らせることもありますが、
仕事は仕事と割り切って真に受けとめなければ問題ありません。

 

穿刺を失敗すれば患者さんに怒られるようなこともありますが、
徐々に慣れて信頼してもらえば関係を築いていくことができます。

 

透析で働く看護師さんが一番やりがいを感じるところは、
患者さんと仲良くなって長く関係が続けていくことができることです。

 

仲の良い患者さんができたりすれば、
コミュニケーションを取ったりすることも楽しみの一つになるかもしれませんね。

 

通院中の患者さんの中には、突然亡くなってしまわれる方もいますが、
それでも透析看護を通して関わることができたことにやりがいを実感されています。

 

40代看護師,透析

 

 

透析看護はこんな方に向いています!

 

年配の患者さんとコミュニケーションを取ることに苦手意識はない
残業や休日出勤がない生活を送りたい!
夜勤はやりたくない!
ある程度の給与は確保したい
ルーティンワークでも大丈夫!

 

40代でも無理なく続けていくことができやすいのが透析看護です。

 

上記に当てはまるような方なら、挑戦してみる価値はあるはずです。

 

 

自分に合った長く続けられる職場を選んで働きたい方は、
転職サイトのコンサルタント相談がオススメです!

 

40代看護師,透析

 

看護師の転職サイトに登録をしたからといって、
すぐにでも転職をしなければいけないということはありません。

 

  • 透析室?クリニック?どっちがいいか分からない
  • 私の経験なら給与はどれくらい?
  • 残業はどれくらいあるの?

 

まずは気になる透析求人の情報を教えてもらったり、どこがいいのか選んでもらいましょう。

 

 

>>>透析看護の求人を転職サイトで探してみる


夜勤 年齢制限 転職回数 ブランク 収入UP 日勤常勤 人気の転職先