40代新人看護師が「プリセプターと合わない・・・」

40代新人看護師がプリセプターと合わない・・・

 

プリセプターとの相性が合わなくて悩んでいませんか?

 

40代看護師,プリセプター,合わない

 

40代で看護師免許を取得し、
新人看護師としてスタートさせたもののプリセプターとの関係で
悩みを抱える40代の新人看護師さんは非常に多いです。

 

ほとんどの病院で新人として入職すれば、
ある程度の経験のあるプリセプターを付けて教えてもらうようになるのですが、
プリセプターも一人の人間なので合う合わないが出てきてしまいます。

 

特に、40代の新人看護師さんの場合、
自分よりもプリセプターが年下になるということがほとんどですよね。

 

だから、性格というよりも年齢のギャップによって、
お互いにやりにくいという状態が生まれやすいのでしょう。

 

 

看護師も様々な性格の人がいるので、
新人看護師の中にはプリセプターとの相性が悪かったことで
辞めてしまうというような人も毎年必ず5人くらいはいました。

 

プリセプターの中には、残念ならが新人を潰しをしてしまう人もいるようで、
自分のその日の気分で無視をしたり、
できないことに対して馬鹿にしたりというような半ばイジメのようなことをする人もいます。

 

 

もちろん、そんなことで辞めるわけにはいかないと思っていても、
大切な看護師の1年目を無駄にしてしまうのであれば、
さっさと転職をして教育や指導を丁寧にしてもらえるようなところへ移る方がベストということもあります。

 

もちろんその前に、
師長に相談をしてプリセプターを別の人に代えてもらえないか?
という相談は必要でしょう。

 

でも、師長が何も動いてくれないということもあるようなので、
その場合には、新人の教育担当の責任者や、
場合によっては看護部長に話をしてみてもいいでしょう。

 

それくらい看護師の1年目は大切な時期になってくるので、
この時期を棒に振ってしまわないようにしてくださいね。

 

 

もしあなたがプリセプターとの関係で本当に悩んでいるのであれば、
できるだけ早く行動に移してくださいね。

 

どうしても、問題が解決されないようなら、
転職サイトのコンサルタントのサポートを受けて、新人の教育に力を入れている病院に移りましょう。

 

医療業界全体でもこのことを問題視しており、
毎年新人看護師が辞めてしまうことに繋がっているので、
病院によっては廃止を決めたところも出てきています。

 

プリセプターという形はあっても、
新人の精神的なフォローやサポートをするというような立場を取っていて、
業務上のことは、病棟のチーム全体で新人を育てていこうというようなところも出てきています。

 

それぞれの病院によって、教育体制も変わってくるので詳しい内容については、コンサルタントに尋ねてみてくださいね。

 

 

 

 

長く働き続けやすい職場を探すなら
看護師の転職サイトのコンサルタント相談がオススメです。

 

40代看護師,プリセプター,合わない

 

看護師の転職サイトに登録をしたからといって、
すぐにでも転職をしなければいけないということはありません。

 

  • 〇〇病院の残業時間はどれくらい?
  • 有給休暇はどれくらい取れる?
  • 離職率は高くない?

 

まずは気になる情報を教えてもらったり、
あなたに合った長く働き続けられる職場を探してもらいましょう。

 

 

>>>40代看護師でも安心して利用できる転職サイトをまとめてみました

 

 

 

 


夜勤 年齢制限 転職回数 ブランク 収入UP 日勤常勤 人気の転職先