昔働いた病院に出戻る看護師のメリット・デメリットって?

昔働いた病院に出戻る看護師のメリット・デメリットって?

「昔、働いていた病院は、今と比べて人間関係が良かったな…」

 

「忙しかったけど、給料にも満足していたし、楽しく働けていた…」

 

「ブランクがあるから、
少しでも慣れている環境の昔の職場に戻って働きたい…」

 

「以前、一緒に働いていた同僚から戻って来ないか
と誘いを受けているけどどうしよう…」

 

看護師,出戻り

 

意外と看護師さんの中には、
昔いた病院に出戻りたいと考える人も少なくありません。

 

特に、転職して今の職場で不満があるような人は、
昔と今の職場を比較しては、
昔は楽しく働けていたな…と思ってしまうことがよくあります。

 

では、
実際に昔働いていいた病院に出戻った経験のある看護師に質問をして、
出戻った後のメリット・デメリットについて教えてもらいました。

 

出戻り看護師のメリット・デメリットってどんなことがあるの?

 

 

出戻りナースのメリット

 

  • 長いブランクが空いていない限り、

    慣れている環境があるので出戻っても思い出せば働きやすい

  •  

  • 知っている人が今でも働いているので馴染みやすかった
  •  

  • 出戻ったことで周りから歓迎された
  •  

 

 

出戻りナースのデメリット

 

  • 人間関係が以前と比べて悪い方向に大きく変わってしまっていた…
  •  

  • 結局出戻っても、以前辞めた時と同じような不満を感じてしまっている…
  •  

  • 以前、人手不足な時に辞めて迷惑をかけたことを今でもチクチク言われる…
  •  

  • 病院の体制が大きく異なってしまっている為、以前働いていたような環境ではない…
  •  

  • 昔いたから分かるよね?とほとんど何も教えてもらえない…
  •  

  • 辞めたいけれど、出戻ったからこそ辞めにくい…

 

 

 

以前働いていた環境に戻ることで、
歓迎されたり、すぐに馴染んで働きやすいといったメリットがある反面、
やはり、過去は美化されてしまう傾向にあるので、
実際に戻っても不満を抱えてしまうケースもあります。

 

昔と今では大きく人間模様も変わっているはずですから、
以前、あなたが働いていた環境が今もあるとは思わない方がいいでしょう。

 

あくまでも、新人として新しい職場に転職する!
と思うくらいの気持ちを持っていた方が、出戻った後のギャップは少なくなるはずです。

 

 

 

もし出戻ることに対してどうしようかと悩んでいるのであれば、
昔と今の相違点は何かということを明確にした方がよさそうです。

 

人間関係も移り行くものですから、
今のスタッフの顔ぶれはどうなのかということを教えてもらったり、
病院の方針に大きな違いはないかといったことは事前に調べることはできるはずです。

 

そうしたことを全てふまえて、出戻るのか、
出戻らずに別の道へ進むのか考えてみてくださいね。

 

 

 

出戻るか、出戻らずに新しい職場への転職をするかどうか悩んでいる方には、
看護師の転職サイトがオススメです。

 

看護師,出戻り

 

看護師の転職サイトに登録をしたからといって、
すぐにでも転職をしなければいけないということはありません。

 

  • 働きたいと思える職場があるのかまずは探したい
  • 〇〇科で働きたいけど求人はある?

 

まずは気になる情報を教えてもらったり、
あなたに本当に働きたいと思える職場があるかを
探してもらいましょう。

 

 

>>>40代看護師が使いやすい転職サイトをまとめています

 

 


夜勤 年齢制限 転職回数 ブランク 収入UP 日勤常勤 人気の転職先