40代看護師が保育園へ転職するメリット・デメリット

40代看護師が保育園へ転職するメリット・デメリット

 

40代看護師さんの中には、
保育園で働くことが気になっている方も多いのではないでしょうか?

 

40代看護師,保育園

 

看護師と子育ての両方の経験を生かしたいという方や、
子供が好きなので昔から興味があったという方に人気の転職先となっています。

 

特に、看護師としての経験もあり、
子育ても経験している40代看護師さんは、保育園でも頼られる存在になりますよ。

 

でも、興味はあるものの、周りに保育園で働く看護師がいなくて、
実際のところはどうなのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、
保育園で働く看護師の仕事内容やメリットだけではなく、
デメリットについてもまとめてみました。

 

保育園ナースの仕事内容って?

 

保育園で働く看護師は、
園児たちの健康管理をすることが最大の役割です。

 

基本的に保育園には、
一人の看護師というところがほとんどなので責任感も大きい仕事です。

 

子供が怪我をしたり、熱を出したり、体調が悪くなったりした場合には、
保育士では何も判断ができませんからそのすべてが看護師に頼られます。

 

日々の園児たちの健康状態を検温をしてチェックしたり、
表情などをよく観察して何も異常はないかということまで日ごろから確認します。

 

また、健康診断の時期がくれば、スケジュールの調整を行ったり、
実際に健診の介助なども行っていきます。

 

また、看護師としての仕事だけではなくて、
どちらかというと保育が中心になってくるため、
保育士と同じように園児たちと一緒に遊んだり食事のお世話をしたりといったことも仕事になります。

 

ただ、看護師の仕事だけをしていればいいということではないので、
ギャップを感じてしまわないようにしなければいけません。

 

看護師が一人で判断して動いたり、
積極的に行動していくことが求められる仕事なので、
コミュニケーションを取って周りの保育士ともうまくやれる人の方が働きやすいといえるのではないでしょうか?

 

40代看護師が保育園で働くメリット

 

日勤のみの仕事で体力的に楽になれる

 

40代看護師さんは、
夜勤が体力的に辛くなってきた・・・という方も多くなるころです。

 

そのため、保育園のような職場であれば、
夜勤なく働くことができるので、
病院勤務よりも体力面でも楽に働けるようになる人がほとんどです。

 

基本的にはカレンダー通りに働けて、
残業も少ない傾向にあります。

 

そのため、プライベートを充実させたい、
家庭を優先して働きたいといった40代看護師さんには人気がありますよ。

 

看護師として働きながら保育が学べる

 

子供たちと関わりながら保育を学べるということもメリットの1つです。

 

病院勤務であれば、看護師だけの仕事になりますが、
保育園では、子供のお世話を通して看護師と保育士との両面を学んでいくことができます。

 

もし子育ての経験があるのであれば、
看護師だけではなく子育て経験も活かして働くことができる現場です。

 

精神的に楽に働けるようになれる

 

病院勤務のようなピリピリとした環境ではないので、
病院勤務に疲れたり、消耗してしまっているのであれば働きやすい環境です。

 

子供たちと接しながら仕事ができるのも、
子供が好きな看護師にとってはやりがいにつながっていますよ。

 

 

40代看護師が保育園で働くデメリット

 

病院へ戻り辛くなる

 

保育園で長く働き続けてしまうことで、
病院で身に着けた看護スキルを忘れてしまう可能性は十分にあります。

 

この先スキルアップを考えていないのであればいいのですが、
まだ病院勤務の未練もあるなら焦らずじっくり考えてみましょう。

 

保育が中心で物足りない

 

40代の看護師さんの中には、
それなりに病棟経験を積んできた方も多く、
保育園の看護師の仕事では物足りなさを感じてしまう方もいまs。

 

基本的には、看護師の仕事というよりも保育の仕事として予めとらえておくことが大切になってきます。

 

給料が少なめ・・・

 

病院勤務に比べれば、
やはり日勤のみの保育園の仕事になってしまうため給料面では劣ってしまいます。

 

給料重視というよりも、保育園での看護師の仕事を学びたい!保育もしたい!
というような仕事に対して興味があったり、
プライべートを優先させられる働き方を望んでいる看護師の方が働きやすいですね。

 

 

40代看護師の保育園への転職事情は?

 

40代だからといって、保育園の転職において不利になるといったことはありません。

 

むしろ、看護師としての経験がそれなりに長かったり、子育ての経験もあれば採用には有利になります。

 

子供たちと笑顔で接することができて、保育士と一緒に協力して働くことができるような方なら、この機会にぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

もちろん、上記にあげたデメリットになる部分もしっかりと理解した上で、ギャップの少ない転職を心掛けるようにしましょう。

 

保育園への転職に興味のある方へ

 

それぞれの保育園によって、看護師がどこまでの範囲で仕事をしているのかといったことや、給料や待遇面でも大きく違ってきます。

 

あなたに合った働きやすい保育園があるかどうか、転職サイトを使って調べてみてくださいね。

 

40代看護師,保育園

 

保育園の求人は、もともと求人数が少なく看護師の採用枠が基本的に一つの園に一人なため、なかなか表には出てきません。

 

そのため、転職サイトにおいても、登録して初めて紹介してもらえる「非公開求人」となっていることがほとんどですよ。

 

 

>>>保育園の看護師求人を転職サイトで探してみる

 

 


夜勤 年齢制限 転職回数 ブランク 収入UP 日勤常勤 人気の転職先